〜『ボクのママはいつか地主』を読んで下さっているみなさんへ、お知らせです〜

いつもこのブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
欲しい土地を目の前にうじうじモサモサしているわたしたち。
ほとんどの方が「ええい早く決めろ!」としびれを切らしていらっしゃったことと思います。
一部では『ボクのママはいつか挫折』とまで言われていたくらい。
でも、むしろその、逆でして・・・


今回、居ずまいを正して、みなさんにお話しなければならないことがあるんです。


読んでくださっている皆さんの中には、もうお気づきの方もいらっしゃると思うのですが、
実は、実は実は、実はもう、わたしたち・・・


8700坪の土地、房総に買っちゃってます!
買っちゃって、住んじゃってます!
ずっと、土地探し中みたいなタイトルで続けていて、みなさんスミマセン!


物件探しのすったもんだを毎週ブログにアップする一方で、
実は房総での週末田舎暮らしを満喫していたというこの表裏に、小生ずっと心を痛めておりました。
ブログを見て下さった方から「Mioriさんのご家族にふさわしい土地があります」
なんてご親切に紹介していただくこともあり、そんなときは本当に、ごめんなさいっ・・・と心の中で
平身低頭で謝っていました。
精神的にも追い詰められていき、途中でカミングアウトしてしまおうかと真剣に迷い続けていましたし、
実は日々進行している三芳村の生活の、リアルタイムな感動が腐っちゃう!と焦ったことも、数知れず。
でも、このブログでの土地探しの一部始終にはほとんど偽りはなく、
(あ、わたしのひとりよがりな思い込みとかは結構あるかも。特に夫からは異議もありましょう)
この直近の経験をそのままトレースすることで、臨場感を味わっていただければ、と思い直し、
ここまでやってきてしまいました・・・


振り返れば1年前。正確に言えば、昨年のお正月を過ぎた頃。
売主さんとの売買契約が成立し、晴れて三芳村の土地は、わたしたちのものになりました。
寒い寒い冬の最中、夫が焦り狂っていた「ビニルハウス建設」をようやく果たして
東京の自宅から何百何千鉢もの植物の引越しをしました。これは死んだ。
(引越し屋さんには10件以上断られました。そりゃそうだ、気絶しそうなほど大変な作業だもの。)
そして、まだまだ売主さんの生活の残像が色濃く残るあの家へ、転がり込んだのです。
売主さんはすでに違う場所で生活していたため、家財道具一切を置いていってくれたので
コタツも湯のみもお鍋も洗濯機も、ぜーんぶ前の住人のもの。
まったく・・・間借りのような状態ではじまった、新生活でした。
それが今ではすっかり我が家。
「あ、家具や食器も新調したのね」と思いきや、なんのなんの!
今でもちゃっかり、コタツも湯のみもお鍋も洗濯機もそのまま使ってまーす。
先人の思いのこもった品をむやみに捨てないという方針です。
(実は、新調するお金がないからだけど。)

7901.jpg
じゃーん、でっかいビニルハウスです!!
夫の悲願、叶ったり。


そんなこんなも含め、今のわたしたちの生活をこれからもお伝えしていきたいと思い、
このブログの続編を新設することに決めました!


★『南房総リパブリック!』がはじまります★
わたしたちは「夢のセカンドハウス」を手に入れてからというもの、金曜の夜にはパソコンをとじ、
夜な夜な大荷物と子供を車に積んでアクアラインをわたり、真っ暗な農道を走って第二の家路につき、
朝起きたら長靴を履き、軍手をはめ、自然と格闘するという土着的な週末生活を営みはじめています。
これはハッキリいって、衝撃の日々です。
イイとか悪いじゃなくて、なにしろ圧倒的なんです。
究極のフレンチを食する感動もあるけど、空きっ腹にどかんとステーキ500gっていう歓びもあるでしょ?
身も心もぐおおおーっと満たされるような。


と言ってもよく分からないと思いますが、とにかく「週末は田舎で」なんていう絵空事のような二重生活を
実際にやってみたら(ホントにやってるヒト、意外にいないでしょ)、完全に惹きこまれちゃったわけです。
最初は夫のワガママに合わせているだけで、内心は、
「へっ、なにもわざわざ辺鄙な場所で疲れる生活しなくたって、都心にいて不足なんかないじゃないさ。」
と斜に構えていただけのわたしが、です。
「負けました」というかんじなんです。
毎週毎週、夫婦で万難を排して予定をあけ遠路房総に通っているわけだからそれなりに大変だし、
むこうではフル回転で体使って働くのでくたくたに疲れるにもかかわらず、金曜の夜が待ち遠しい・・・
という日々がつづいています。
そんなこんなしているうちに、うちのしょーもないこどもたちもちょっと大きくなりました。
(そして、わたしのお腹には・・・3人目もいる次第。ただいま妊娠7ヶ月でござい。)


で、今後はそんな現在進行形の房総ライフの詳細を、
『南房総リパブリック!』
の中で、随時お伝えしていきたいと思っている次第です。
なるべく頻繁にアップしますので、どうぞご愛読下さいませ。
何しろこれは、都心と田舎の二重生活の「生体実験」の記録です。
実務的に役立つ情報が満載・・・のはず。ご参考になれば幸いです♪


Miori


『南房総リパブリック!』へはこちら。
http://babamiori.exblog.jp/


追伸

4月15日をもちまして、こちらのブログへのコメント・トラックバックの受け付けは
終了させていただきます。
今後は、新ブログ南房総リパブリック!のコメント欄へ
お願いいたします。

« 第78話|土地も夫も‘難物’だけど、わたし・・・後悔してません! | トップ

コメント

あ、なーんだ。
やっぱり住んでいらっしゃったのですね♪
(ちょっと安心。)
新しいブログも楽しみにしてます!

はじめてコメントしますが、
1話目から毎回楽しみに読んでました♪

いいですね〜!週末ライフ!羨ましい!
新しいブログも楽しみにしてます〜♪

あらあら、最初っからリアルタイムではないと思っていましたし、とても楽しみに読んでいたのですが…。
南房総リパブリックも面白そうですが、「土地GET!」までの銀行とのアレコレとか登記でモメちゃうとかの山あり谷ありの話も読みたかったですね。
実際はすんなりいったのかもしれませんけど、大きな買い物だし本人的には葛藤も色々あったのではないかと(笑)
ちょっと残念ですが、NEWブログもこれから存分に楽しませていただきます♪

うにさん、コメントありがとうございます!
そうなんです、住んでいたんです〜
でも、1年はあっという間。まだまだ房総新人ってかんじです。
書きたいことがうーんとたまっているので、新ブログもがんばります。
これからも、どうぞどうぞよろしくお願いします。

ぴのすけさん、コメントありがとうございます。
1話目から読んでくださっていたなんて、嬉しいです・・・
週末房総ライフ、楽しいですよ!でも、楽しいばっかりじゃあないです!
そのへんも、これから書きたいと思っているので
ぜひこれからもお付き合いくださいね。

みすさん、コメントありがとうございます!
銀行とのことより、登記のことはいろいろありましたね・・・
でも、ここで全部いえないようなことが、、、いっぱいあるのです〜〜
そのへんの極秘情報も、落ち着いたら新ブログで公開しようと思っているのですが。
だいたい、まだわたしたち、農家資格を取得する過程にあって
「いつか地主」のままなんです。かなり不安な状態が続いているのです。情けないことに。
早く、「すでに地主」と書きたい!
というわけで、今後はリアルタイムにその不安や動揺も、、、お伝えしますので、
どうぞ見守っていてくださいね。

こんにちは
おおぉ
とうとう農家として登録する事を決意し、未だに奮闘中なのですね。
いやいや
過去の話をUPしていたとしても十分臨場感溢れるブログで楽しめました。
南房総編も楽しみにしていま〜す♪

hiroさん、コメントありがとうございます!
決意して、奮闘中・・・まさにそのとおり。
房総ライフを謳歌しているとはいえ、いつも頭の上に
雲がかかっているように不安があるんです。
・・・いつ、農家になれるのだろうか?
って。
それでも今となっては、この生活じゃない生活は考えられない!
一種の中毒ですね。
また、新ブログものぞいてくださいね!お待ちしています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ