第74話|もう、浮気しないよ。

「この山のある方角って、どっちになりますか?」
「ええとねえ、ええと、これは・・・南・・・南西、ですかね」
そうか、南西が完全にふさがっているのか。まあこれだけ広ければ、冬でも日中はどこかが明るいだろうけれど。


7401.jpg
どこへ行っても、自分の目で方位を確認する夫。
うーむ。確かに南西に山がある・・・


「広いねえ!ここならビニルハウスが次の日でも建てられるんじゃない?」
浮かない顔の夫を盛り立てるように声をかけると、その声にかぶさるようにダンプカーが下の道を通る音がブ〜ン。


「高台になってるから、けっこう静かに過ごせるんじゃないかしら?」・・・また、ブ〜〜〜〜ン。
都心にいれば全然気にならないのですが、緑深いところにいると車の音が耳障りに思えるから不思議。
あるいは、わたしたちが厳密になりすぎているのかもしれません。
アノ土地よりも魅力的か??遜色はないか??って。
社長さんのご期待に添うような反応ができなかったわたしたちの、恐縮してしぼんだ空気を察したTさんは、
「いやあ、おメガネにかなっていなくてすみません〜。これからも引き続き、他にも探してみますから」
と切り上げムードを作ってくれました。


車に戻りながら、夫がぼそっと「やっぱり便器工場が真下にあると、な・・・」とつぶやきました。

以前だったら、この土地でも手をうっていたかもしれません。ちょっとのことなら目をつぶって。
でももう、後戻りはできないんだ、ということに気が付きました。
三芳村のあの土地を、あの家を、あの風景を見てしまったら。
ひとことで言えば、土地の持つ魅力のスケールが違うのです。
個人的にはね、Tさんから土地を買ってあげたかったんです。骨惜しみなく付き合ってくださっているし。
でも、ごめん、やっぱり三芳村の土地でがんばることにします!・・・・これが、今回の結論。


これからもぶうぶう文句たれちゃうかもしれない、
あ〜めんどくさいと自棄おこしてふて寝する日もあるかもしれない、
それでもあの家にお布団を敷いて4人で寝る日を夢見てがんばろうと、わたしは心にかたく誓いました。
「おつかれさん」
「まあでも、見てよかったね」
そんな短い会話で、今日の総括は終わったのでした。


それにしてもわたしたちって、多分ハタから見ているとまどろっこしくてやってられないでしょうね。
いつまでもうじうじうじうじ・・・・「ええい、さっさと決めろ!」って思われてるだろうなあ。自覚してます。
でも、すぐに本登記できない「農地」があることで、どんな不利益が生じるかを考えつくして
先廻って手をうっておくというのは、何と思われようと必要不可欠なリスク管理ではあります。


最後の最後まで他の土地の可能性も検討するっていうのも、そのひとつ。だけどきっと世の中には
「よし決めた!買うぞ!どうにかなるさ♪」と即断即決して買っちゃうヒトだっているでしょう。
そしたらもう、今頃、あの家でコタツに入ってるのかもなあ・・・・
(実はわたしは非熟考タイプ。今まで暢気にそうやってきて、あんまり痛い目にあっていないから
反省もできてない。
でも今回、「億万長者でもない俺らの、なけなしの財産がかかってるんだぞ!!!」と夫に叱咤されて
ちゃんと反省して改心しました〜。だからリスク管理の実務もわたくしめが請け負ってるんです。
エラい?・・・あたりまえか。)


7402.jpg
「この日の収穫。海に寄ったとき捕まえたカニ。
お味噌汁なんかにしないよ。飼うつもり。
(だったけど、1日で死んじゃった・・・)」


« 第73話|広い。平ら。太陽サンサン。だけどもね! | トップ | 第75話|売主さんに逢いにいこう! »

コメント

こんにちは!60話あたりまで進行していた時点でこのブログの存在に気づき、1話から楽しく読ませてもらいました。62話の写真を拝見する限り、三芳村はスゴイところですね。車が走っている光景なんて似合わない、似合わない。自転車でさえ違和感あり。フィットするのはやっぱり馬と牛かな。時代劇に撮影ができそうなスバらしいロケーションだと思います。うまく手に入れられるといいですね。しかし広大な土地みたいですが、農地だと固定資産税って安いんですか??実は私も「広くて緑豊かな土地」を探していて、ご夫婦が最初に訪れた秦野や神奈川西部を中心に目下探索中です。とはいえ広い土地ゆえに固定資産税がとんでもない金額になっても困るので注意しており、ちょっと気になってしまいました。

TAKAさん、コメントありがとうございます!
秦野はいい場所ですよね、私もはじめ魅せられたので
よくわかります。
お財布と折り合えさえすれば・・・というかんじ。
農地の固定資産税は、ハッキリ言ってかなり安いと思います。
ただ、お金がかかるのは税金ではないところ、とも言えそう。
TAKAさんも都心との往復を考えているのですか?それとも定住のため?
TAKAさんの土地探し、苦労なくうまくいきますように・・・♪

お返事ありがとうございました!うーん、なるほどぉー、お金のかかるのは税金ではないところですか。私の場合は定住用で探しています。今は賃貸暮らしで家も仕事場も都心ですが、良い土地が見つかったらがんばって通勤しようと思っており、いざとなったら新幹線かロマンスカーの使える小田原近辺が有力候補です。海と山に挟まれ、水質も良く、箱根の温泉もすぐなので、神奈川県の中では非常に良い場所だと思います。以前、300坪2,500万円の土地を見に行きなかなか良かったので本当に悩んだのですが、明らかに予算オーバーしていたので断念しました。その土地は売れてしまいましたが、「縁が無かったんだ。もっと良い場所と出会うから神様がそうさせたんだ」くらい思って、せっせと次を探しています。Mioriご夫妻のように「週末は郊外のセカンドハウスで」なんて過ごせたら良いのですが、なんせ懐にそんな余裕も無いので...お互いがんばりましょうね!

Takaさんの予算との闘い、めちゃめちゃよく分かります。
それにしても、ちゃんと通勤計画まであるとは素晴らしい。
うちの場合は、諸々の事情があって平日は都心にいなければならないけど、
そのコストも労力も、たいへんなもの。
なんか書いてると苦労ばっかりの内容になっちゃうけど、
それでも実際に候補地に立って空気を吸うと、「ここに住めたら!」って
元気になるんですよね。ファイト!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ