第67話|問題山積で、頭が痛いです

とはいえ、わたしたちは定年後の夫婦ではないわけで、夫だって東京に仕事があります。
あっさりきっぱり会社を辞めて、家族で三芳村にころがりこんで一から農業をはじめるっていうのも
なくはないのかもしれませんが、かなり非現実的。


もちろん、夫の夢は「自分の育てた植物を売って生活したい!」。
でもね、その夫本人だって、はい今すぐ就農ね。という勇気はないわけで、
「だってさあ、だってさあ、土地買うのにごっそりざっくりお金使うし、ますます稼がないと生きていけない・・・」
というのが我が家の実情。

「だーかーら、お前が年末ジャンボ買わなかったのがいけないんだ。当たれば3億円だぞ!」
と、わたしによくわからない濡れ衣を着せる夫に、
「そもそも大富豪でもないくせに、植物道楽なんていう貴族じみたことするのが身分不相応なのよ!」
と倍返しでスゴむわたし。

このような非生産的な合いの手を入れながらの話し合いは、遅々として進みません。

それでも、あんまりうだうだしていると秦野の土地のように他の人の奪われてしまいますので
「とりあえず、俺らがあの土地を手に入れるまでの具体的な道筋を調べてみよう」
ということになり、不動産屋のCさんからの情報を元に、問題点を整理してみたら
とにかく問題山積。ということが今さらながら分かってきました。

大きくは権利関係の問題ですが、他にもいろいろあります。
こちらの思惑と、ほうぼうの立場の思惑が、思うようには一致しないのであります。


問題になったことの一部をお伝えすると・・・・
農地以外の部分はすぐに手にはいるのに、農地だけは手に入らないときって、どういう売買契約になるの?
そんな状態なのに、全額一括で払わなければならないの?
農家になるっていったって、わたしたちだけで営農できるの? 助っ人も必要じゃない?
などなど。もっともーっとたくさんの悩ましい問題を、各種、大小取り揃えております。というかんじ。

そんなあれやこれやを、ひとつひとつ、解決していく。
解決できない問題も丸抱えにして、可能性を探っていく。
その、気の遠くなるような作業を目の前に、わたしたちは深い深いため息をついたのでした。


うう、頭いたい・・・・・・・・・・!

« 第66話|農地を買うってどういうこと? | トップ | 第68話|すべてを一挙に解決するウルトラCがある?! »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ