第59話|折れてました

いや・・・とか、まったくね・・・とか、意味のないつぶやきだけが聞こえる、しーんとした車内。
そこで、ずっと黙っていたぽちんが突然「ママ、チガ見せて。」と、一言。
わたしは振り返り、「目の下、血がでちゃったね。たいしたことないけどね。」と見せてあげました。
(ぽちんは「血」のことを、「チガ」だと思っているようです。「チガ(=血)でちゃった」)
にいには、「パパー、ママー、とりあえず離婚しないでねー。」と、かすれた声でぼそり。
ぎょぎょっとして「にいに、そんなコトバなんで知ってるの?心配させてごめんねー、大丈夫だよう。」
と笑ってみせると、「よかった♪」とニッコリ。
夫は「おまえたちがいなくなったら、オレは生きていけない。」などと殊勝なことを口走りつつ、なぜか時々
「イテテ・・・」と胸のあたりをおさえています。
ひょっとして、わたしのパンチが効いたのかしら。
「いやあ、自業自得だけど・・・実は肋骨のあたりが・・・。
おまえも痛いだろうけど、オレも痛いから、おあいこでよかったよ。」
と、わけのわからないことを口走りながらほっとしている夫を見ていると、
「わたしの顔をこんなにして・・・DVだわ!」
とでも言ってみようかしらという気持ちがおきるどころか、そんなに痛くないのに謝らせちゃって悪いわ〜という
気持ちさえ、湧き上がってきました。
(実は、夫はわたしより重症を負っていたんです。
鼻をかんでも肋骨のあたりが痛いというので翌日病院でレントゲンをとったら、折れていました。
・・・これじゃあ、わたしのほうがDV妻じゃない!?)

わたしは、生まれて初めて夫婦で殴り合いのケンカをしたことが、何だかとても愉快でした。
土地探しでの鬱積した気持ちや先の見えない不安が、この「爆発」で一気に吹き飛ばされちゃったみたい。
おバカなゲンカをして、肋骨折ったりお岩さんみたいに顔腫らしながらも、「まあ行こうか」と
そのままひょこたら房総に向かってしまうわたしたちの、なんと滑稽なこと!
この滑稽な道中こそが、わたしたちの珍妙な家族像そのものなのかもしれません。
泣いたり笑ったり怒ったり、やんややんやと大騒ぎしながら毎週土地をみてまわるのだって
楽しいといえば楽しいし、幸せといえば幸せで(すごく譲歩していえば、ですが)、
仮にずうっといい土地にめぐり合わなかったとしても、「あのときはおまえのバナナが悪かったよな」
「何いってるの、あなたの口の悪さが原因だったでしょー」なんて言いながらあとで楽しく思い出せるような、
そんな悪くない日々を送っているのかもしれないなあ、と、思ったりしたのでした。
(こういう超楽観的なところが、わたしたち夫婦の共通点だったりします。幸か不幸か。)

« 第58話|お岩さんになっても | トップ | 第60話|いよいよ三芳村へ! »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ