第55話|この激広物件は、なに?!

房総の物件、面白いのはけっこうあるけれど、ハートをがっちり掴まれる珠玉の物件というのは
やっぱり、なかなかナイものだな。
そんな疲れを感じ始めたとき、夜中の物件検索(もちろん、まだ毎日実行中)でひとつ、
ひどく興味深い情報を入手したのでした。
「南房総の物件:8700坪。農地部分2900坪。
手入れ不要の古家あり。水道、ガス、電気あり。今どき稀少の良質物件」
なにこれ・・・異様に広くない?!しかも、使える家までついているって!
でも、「農地」が入っているぞ。農地は農地法が絡むから、一般人は買えないのでは?
すごい物件みたいだけれど、わからないことだらけでイマイチぴんときません。
慌てて問い合わせフォームに
「平坦地はどれくらいありますか?農地の売買はできるのですか?」
と記入し、送信してみると、
「平坦地は2500坪以上あります。農地は、物件に居住していただければ取得できます」
という返信があったのです。これを見た夫は、大きな目をさらにくわっと開けて叫びました。

「おお!・・・激広じゃないか?!しかもこの価格なら、現実的な線だ。
とりあえず見に行く価値はあるよなあ!」
「でもさあ、売れ残っているあたり、怪しくない? 農地の取得っていうのも気になるし。
しかもうちからだと、かっなり遠いよ。‘南房総市’ってことは、びゅーんと下って房総半島の南端じゃない?!」
「まあでもさ、見るだけ見てみようよ。百聞は一見にしかずと昔から云うじゃあないか。
何しろ、8700坪だぜ!インフラ完備だぜ!」
お金に目が眩むヒトはよくいますが、夫の場合は「広さ」や「インフラ」に目が眩むらしい・・・
まあいい。確かに、その場に行けば答えは見つかるはずです。
早速この不動産屋さんとアポをとり、いざ現地へと向かったのは、翌々日の早朝のことでした。
・・・この朝が、いけなかった。

« 第54話|ぶったまげた土地 | トップ | 第56話|ザ・低血圧夫婦 »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ