第54話|ぶったまげた土地

ちなみに、ドーナッツの土地をはじめて見た日にもうひとつまわった物件も、ぶったまげ物件でした。
「次のところも、夢がありますよ♪」
と、富津の海岸にどんどん車を走らせていき、まさに海っぺりというところで停まって、
広い広い海岸の真ん中に立ったEさん。
「ここ、ぜーんぶ、お売りできます。これこそ、プライベートビーチですよ。
全部で8000坪。数百坪に分けてでもお売りできますよ。どうです?ステキでしょう。」
ひえ〜。これはスゴイ。
土地を買う目的が「そろそろ別荘なんかが欲しいと思って〜」なんていう優雅なものであったら
考慮の余地があったかもしれませんが、とにもかくにもビニルハウスでの植物栽培を考えにゃならんわけで
塩害風害がある土地はどうひっくりかえっても、NG。
わたしたちが買うのは無理ですが、確かに、夢はあるわな。
残念ながら丁寧にお断りしましたが、「いいんですいいんです、きちんと目的にかなった土地がみつかるよう
わたしもできるかぎりのお手伝いをしますからねー。」と爽やかに応じるEさん。
ありがたいなあ、まだこのヒトから出る物件を頼れそうだな、と思いつつも
いったい何でEさんは、この広大なビーチを、わたしたちに紹介したんだろう???

ついでにもうひとつ、日を改めてEさんに紹介してもらった物件で印象的だったのは
東京湾観音への参道途中にある土地。
これは、ミニ宅地開発される直前の高台風の土地で、遙かかなたに海がキラキラと見えたりして
それなりに雰囲気はあり、土地の雰囲気も把握しやすく、現実的な物件だったと思います。
特に悪条件はなかったのですが・・・気分的な問題で、どうしても買うに至りませんでした。
なぜって、やっぱり、「東京湾観音参道」の途中っていうのが、何となくひっかかったからです。
ご存じですか?東京湾観音。
地上56mの大きな大きな白い観音様で、世界平和祈願のために建てられたそうな。
その観音様の胸のところに、かつては「のぞき窓」があけられていて、
ここから飛び降りるヒトがいたとか、いないとか。
屈指の ‘心霊スポット’だと 言われているとか、いないとか。
・・・どうです?
やっぱり、わたしたちじゃなくても、ちょっと躊躇しますよね。
一応見てみよう、ということで参道の終着点まで車を走らせてみたら、ほんとうに大きくて白い東京湾観音が
すっくと立っておられました。
「なんちゅうかこう、この観音様の足もとにビニルハウスをたてるっていうのは、ちょっとまあ、
そぐわないというか・・・」
夫はぼそぼそそんなことを言い、かなりドライなわたしでさえそりゃもっともな感想だなと思いました。
とはいえ、そんな妙な感情さえ持たなければ、かなりいい場所だったと断言できます。
日当たりがいい平坦地で、緑深い閑静なところ。ステキなセカンドハウスが建てられたかもしれません。
一度は「参道の途中だっていいじゃん!観音様だもの、逆に守ってもらえるわよ」と強気になって、
家はここに建ててビニルハウスはこのへんかな、なんて取り組みかかったりもしました。

でも、その検討の半ばに、わたしたちの心がぐうっと傾く土地と、遭遇ことになったんです。
まさにそれは、「運命の出逢い」と言ってもいい。
神は迷えるわたしたちを、見放さなかったのです。

« 第53話|うぉぉぉぉぉ〜〜〜〜っ!なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜! | トップ | 第55話|この激広物件は、なに?! »

コメント

はじめまして!毎回すごく面白いです^^
今後も進展楽しみにしております!

KAZUさん、コメントありがとうございます!さくさくっと土地が手に入ればいいのですが・・・なかなかそうも行かず・涙。でも面白がっていただけるとずいぶん報われます〜。これからもよろしくお願いします!

いよいよ登場ですか?
楽しみだー!

でも、海辺の土地って憧れます・・・。
実際は色々と問題ありそうですケド。

うにさん、いつもありがとうございます!
そうですよね、海辺ほど夢のある土地はないよね〜と思います。仮にそれが1年のうち1ヶ月だけの幸せであるとしても。
植物には塩害は絶対NGだそうなのでわたしたちには無理でしたが、うにさんはぜひ海辺のセカンドハウス取得にトライしてみてください!(って、うにさんにわたしの夢をのせたりして・・・)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ