第53話|うぉぉぉぉぉ〜〜〜〜っ!なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜!

その日はあいにく、しぼしぼと雨が降っておりました。ちょっとした風もありました。
でも、現地に着くと、なんとそこだけ周囲とはレベルがまったくちがう・・・・驚くべき暴風雨!!!
「ママちょっと行ってくるね」と勇気を出して車から降りて傘を差し、
様子を確認すべく奥のほうにむかって歩いてみたのですが、
「うぉぉぉぉぉ〜〜〜〜っ!なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜!」
風雨になぶられ、一瞬で傘がダアッッとおちょこになり、前に進めず。
台風のテレビ中継で「いま、、、佐多岬に立っていますが、、、凄まじい風雨で目も開けられません・・・!」
と叫ぶ現場レポーターのような有り様。
呼吸もままならない状態でしたので、数分で退散しました。
その時の景色は、忘れられません。

そこらじゅうの草木がぶんぶんうなり、猛り狂って髪を振り乱した山の神でもあらわれたかのよう。
「やばいよここ、まじで無理だよ。」と、ぐしょぐしょに濡れて帰ってきたわたしを見て、
「こんなとこ・・・やっぱり困る。」海を見てあれほど発情していたにいにも、怖じ気づくほど。
どうしてここだけこんなに風雨が激しいんだろう?と、あとでよく考えてみたのですが、
海に近く山の谷間であることから、多分ちょうどここが海風の抜ける「風の道」になっているのだろう、と推測。
それにしても、「風」ってやつは、侮れない・・・・
ビニルハウスを建てたりしたら、かなり短期間のうちに、びゃーっと飛ばされる事態が訪れたでしょう。
「すごいよな、こんなこと、見てみなきゃわからないもんな。もし、晴れた日ばっかり見に行っていたら
ぜんぜん気がつかないで契約してたかもしれないよな。」
・・・ほんと、そうなんです。
土地の状態って、その日の天候や季節によってまったく違うので、悪天候時も絶対に知っておきべき!
いやあ、いい勉強になりました。

« 第52話|沼まであった | トップ | 第54話|ぶったまげた土地 »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ