第51話|「プライベートビーチだぞ♪」だと?

海の存在を確かめに行っていた夫とにいにが、ほどなく戻ってきました。
「ママー、海に行ってきたー。」
へ?上から眺めただけじゃないの?にいにのズボンは何だかどろだらけです。
聞けば、ふたりで崖をずるずると降りて海岸に出て「イエーイ!」と記念写真を撮り、
またよじのぼって戻ってきたとのこと。息を切らし、興奮冷めやらぬ顔の男ども。

42-1.jpg
斜面をすべり降りて戻ってきた、にいに。・・・ったく。



「ここに土地買ったら、うちからシュノーケルつけて海に行けるよ!海の家だよママ。」
海の家!!!
「そうなんだよ、下は立派なビーチだ。
しかも、プライベートビーチだぞ。何しろ、うちからしか、アクセスできない海岸なんだもんな。」
うち!?ここが、‘うち’になっちゃうわけ?

だいたいわたしたちの土地検索条件に、「海近い」なんてありませんでしたよ。
・・・わたしはすっかり、この盛り上がりに取り残されてしまいました。そんなことおかまいなく、
「なんか、いろんなものが漂着してて、ビーチコーミングしたらけっこう面白いぞ。
にいには貝をたくさん拾ってた。ほらポケットがあんなにふくらんでるだろ〜」
「ママ見てこれ〜」
「ちょっと!海はけっこうですけどね、」ウハウハした男どもの話はエンドレスに続きそうだったので、
ともかく遮りました。
「こんなにモサモサ草が生えてて真ん中が抜けてるよくわかんない土地で、
ホントにいいわけ?だいたい、ビニルハウスはここに建てられるの!?」
言っているうちに、軽く腹もたってきます。
毎日、植物が死ぬーー日影に押し込めて育てるなんて酷すぎるーーおまえどっかに土地もってないのかーー
とわめいてうめいて大騒ぎの夫。それが、「プライベートビーチだぞ♪」だと?

42-2.jpg
ここが「マイビーチ」になることを、妄想しているようですな。


おいー、なめとんのか?
・・・わたしが静かに毛細血管をぶちぶち切りつつ怒りを増幅させていると、
「いやっはっはっはっはー!
海に降りちゃうとは、お父さんもボクも、元気がいいなあ!
あなたがたみたいな行動派には、この土地は合っているかもしれないね。さあ、もうちょっと先に行きましょうか。
草ぼうぼうだけど、ちゃんとお見せしますよ。広い平坦な土地がそこここにあるんですから。
これだけ広大だと、100坪の土地だって埋もれちゃうんだから、いやまったく宝探しだなあ!」
Eさんは、それはそれは楽しそうな嬉しそうな声を出して、「では。」とさくさく歩き始めました。

42-3.jpg
この土地から見える海。たしかに、夢がふくらむよね。

« 第50話|海に近いっていっても!! | トップ | 第52話|沼まであった »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ