第50話|海に近いっていっても!!

待ってよー。ひとりで走っちゃあぶないからー。
わたしのコトバなどにちらりとも反応せず、にいには斜面をかけのぼっていきます。
「ちょっと一緒に海見てくるわー」と、にいにと同レベルの好奇心を持つ夫も、一緒に駆け出します。
やれやれ。わたしとぽちんは、取り残されてしまいました。
ちょっとした空隙の時間にEさんはさっそくまたタバコを取り出して、すぱー。
今どき珍しいチェーンスモーカー。おいしそうに一服しながら、海があるはずの方を目を細めて眺めています。
この風情、ぜったい不動産屋さんじゃないな。
Eさんの横顔を見ながら、
たいへん不躾ですけどひょっとして、何か他のお仕事もなさってます?・・・と、
思い切って聞いてみようと思いましたが、そんなことを知りたがるのは何となく野暮なかんじがして
結局問いかけるコトバを飲み込んでしまいました。

たとえば気合いを入れて一張羅の服を買うことがあったとしても、
そのお店で出会った店員さんのプライベートの部分を知りたいとはあまり思いませんが、
不動産屋さんの場合は何となく、一歩前に出てコミットしたくなる。なぜだろう?
わたしね、「土地を見る」という行為は、ある意味とても神秘的だと思うんです。
目かくしされて手を引かれ、ふいに止まって「ここですよ。」と言われ、目を開ける。
「ここはどこ?わたしたちの新天地?」と、その手にすがったまま無防備に目を泳がせる。
物件見学のドキドキは、そんなかんじと似ています。
言ってみれば、土地を紹介されたあともまだ「目をつぶった」状態です。
手探りで自分たちの未来の拠点のイメージを作り上げる過程を、手を引いてじっと付き合ってくれるのが
不動産屋さんなのかもしれません。
だからこそ、その運命水先案内人の観察には、けっこう鼻を使うんです。(あ、犬だったらってことです。)
「くんくん、よい人かな」「くんくん、怪しいにおいはしないかな」「くんくん、何で、この仕事してるのかな」
・・・ちょっと意識しすぎですかね。
もっとドライにプラグマティックにいかないと、疲れちゃいますかね。
でもね、袖刷りあうも他生の縁。こうして巡り合った方が「不動産屋さんらしくない」ヒトだったりすると、
いろいろ想像したくなっちゃうんですよね。(これって・・・ワイドショー根性?)
まあでも、Eさんがホントにリッチマンか否かを確かめるのは、差し出たことだと思ってやめたんです。
わたしとしては、「実はこれ、全部私の土地なんですよ。」なーんてコトバがEさんの口から飛び出しや
しないかと、期待していたんですが。

おっと本題からそれました。

« 第49話|難儀な道の向こうに | トップ | 第51話|「プライベートビーチだぞ♪」だと? »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ