第49話|難儀な道の向こうに

それにしても難儀な道中です。獣道の両端の下草は、わたしの背より高くて見通しゼロ。
歩きにくいことこの上ないのですが、くわえタバコのEさんは
「はい、ボク、足下気を付けてね。男の子は元気でいいねー」と、最後尾のにいにのことを気遣いながら
ニコニコザクザクのぼっていきます。
「えー、と、これは、どこに、平坦地が、あるんですか、ねえ〜」
ぽちんを抱っこして道ならぬ道を歩く夫が、ハアハアしながらたずねました。

「それがねえ、この土地は面白くて、ぐるっと回るこの道沿いに100坪単位で平坦地が連なって
いるんですよ。もっと行くと、まとまった土地もでてきますよ。」
地図と現在地を照合しながら、平坦地らしき場所を指し示してくれるEさん。
「ほらここも、左手は平らでしょう。あっちにもあるはずだ。」
夫はぽちんを左手に方位磁石を右手に持ち、ええと南はこっちだよなあー、と奮闘しています。

こりゃ物件見学というよりも、オリエンテーリングだわ・・・。
後ろを歩くにいにを振り返り、「遅れると迷うぞ。がんばれ!」と八甲田山死の彷徨よろしく檄を飛ばし、
なるべくにいにが通りやすいように左右の下草をなぎ倒しながら進んでいきます。
えらいこっちゃと汗を拭って息をきらしていると、前の方でEさんが、
「この道をまっすぐ突き抜けると、海に出ますよ。」と言っているのが聞こえます。


「今、海って言った!?」
聞きつけたにいには突然ダッシュをかけてわたしを追い越し、
夫やEさんのいる前方へバタバタ走っていきました。

« 第48話|ドーナッツの土地 | トップ | 第50話|海に近いっていっても!! »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ