第47話|リッチマン?登場

待ち合わせの場所で顔を合わせたのは、そのサイトを運営しているEさん。
エコロジカルなテイストのHPから想像するに、ボーイスカウト風のワイルド兄さん系がやってくるかと思いきや、
いらっしゃったのは小柄で華奢なインテリ風のおじさまで、ちょっとびっくり!

40.jpg
颯爽とあらわれたE様。


「あなたがたみたいに都会に住みながら田舎を求める方達に物件をご案内するのが、使命だと思っています」
というコトバをそのまま信じるなら、こんなにドンピシャな不動産屋さんはいないんですがね。
なんというか、Eさんって不動産屋さんっぽくないんですよね。
妙にリッチな匂いがただよっているんです。

「じゃ、今日は3つほど、ご紹介できますかな。」
なんて言いながら、くわえタバコで前を歩く姿はまさに、
自分の飼っている一流の錦鯉かなにかをヒトに見せるときのような自信と余裕に満ちていて、
「はいっ、じゃっ、失礼して拝見しますっ」
ってなかんじで自然と部下キャラになっていくわたしが情けない。


いやちがう、こっちが客だぞ。と急に背筋を伸ばして歩いてみたりして。なんか落ち着きません。
でもね、このEさん、超ユニークな土地をいろいろにぎっている不動産屋さんだったのです。
後にも先にも、こんなところをマジメに紹介してくれた方はいません。

« 第46話|房総での田舎暮らしをサポートする不動産屋 | トップ | 第48話|ドーナッツの土地 »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ