第45話|まぼろし?

Tさんが悪いわけでもないし、っていうか悪いのは明確におばあさんなんだけど、どうにもならなそうです。
「やっぱり・・・この土地は、やめたほうがいいですかね?」


「はい!やめたほうがいいとおもいます。」
きっぱり言い切るTさんの決然とした面持ちに、わたしは思わず吹き出してしまいました。
じゃあ、連れてくるなよー。
でもね、きっとTさんとしては、万に一つでもおばあさんが理解してくれることを期待してたんじゃないかって
思い、いい土地だからって連れて来てくれたんでしょうね。そう思うと、恨む気なんかおきません。
まあでも、今日仮にあのおばあさんが静かにしてたとしても、この土地買って住み始めた後にまた
ドンドンバンバンされちゃあたまりません。
やっぱり、この土地は、ナシですね。

「あのー、ホントすみません。ご要望に叶う土地をご紹介できなくて。また、がんばって探します。
いい土地があったらすぐにご連絡します。」
頭を下げるTさんを見ながら、不動産屋さんも大変な商売だなあとしみじみ思いました。
「Tさん、ご苦労多いお仕事でしょう。」思わずそんな言葉をかけてしまうと、
「まあ・・・いろいろありますけどね。でも、今日ご紹介したような変わった土地の物件が結構ありますし、
自然の中にある土地をまわるのは楽しいですよ。房総で不動産屋をしているのって、僕は楽しいです。」
楽しいと連呼するTさんのメガネがキラキラして、こちらもつられて楽しい気分になってしまいます。


帰り際にちらっと、そのおばあさんの家を覗くと、子供や若い男性など何人かの影が見えました。
ヒトそれぞれの家庭があって、いろんな事情をかかえて生きているんだな。
土地見学の妨害を、理不尽なことだと思って断固戦うべきか、あるいはそっと身を引くか。
今回の場合は後者を選びたくなるような、しんみりとした気持ちになりました。
そりゃあ怒鳴られていい気はしませんでしたけどね。


車の中でこの日の物件見学の総括をいろいろ喋っているとき、夫が
「何だかでも、最後の物件は、まぼろしだったような気がするよな」と一言。
ほんとに・・・。
もうきっと、あのお地蔵様にも、おばあさんにも、逢うことはないでしょう。
Tさんの存在が、かろうじてわたしたちを現実に繋ぎ止めてくれていましたが、今でも思い出すと
あれは夢の中の出来事だったのかな・・・と、不思議な気持ちになるんです。


39.jpg
和み系不動産屋のT様。

背面からも和みオーラが

ただよってる♪(かな。)

« 第44話|バンバンバン、ドンドンドン! | トップ | 第46話|房総での田舎暮らしをサポートする不動産屋 »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ