第40話|夢の土地と再会!?

わたしたちは3つ目の物件を目指し、Tさんにくっついてさらに少し外房寄りの方まで走りました。
次こそ決定打だといいね。ふつう、トリは一押し物件なはずだよね。
なんて夫と話しながらも、同時に、もっと妙ちきりんな土地も見てみたいなー、紹介してくれないかなーなんて
むくむくと好奇心が沸き上がってきているわたし。物件渡りの道中が、ぜんぜん苦になりません。
アクアラインを渡って半日で、すでに房総中毒になりつつあったりします。
土地とヒトって、相性みたいなものがあるのかしらん。

前を走るTさんの車は、人家の並ぶ起伏のある道沿いで停まりました。
「ここです。」お寺だか神社だかの入り口の隣りを指さすTさん。
めずらしく、生活に不自由しないような人里にある物件でびっくり!
なぜならばこの土地、価格がめちゃ安だったのです。本当に安い。ファミリーカー1台分くらい。
(ってピンきりだけど。)


でも、そんなお値段でこんなところにまとまった広さのまともな土地なんてあるのかなと半信半疑で
期待ハズレに備えて身を固くしていると、
Tさんは、何やら道路から斜めに切り込んでいる細い歩道らしきところを、すたすた歩き始めました。
でもそれが道なのか、あるいは私有地なのか、よくわかりません。
道の体裁なのですが、その真ん中に堂々と洗濯台が置いてあって、ひらひら洗濯物がそよいでいるのです。


人様の土地を通ってアクセスするような、街区の奥の方の土地じゃあ、日当たりが悪いんじゃないかなとか
懸念しながらついていくと、なななんとそこには、
かつて夢と消えた秦野の土地を彷彿とさせるような平地が、ぷわあっと広がっていたではありませんか!

« 第39話|やっぱり房総はすごい | トップ | 第41話|気に入っちゃまずいの? »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ