第37話|不動産屋さんもいろいろ、買い手もいろいろ

「ママー、ぽちんが泣いてるから戻ってきてー。ママー。」
にいにの遥か彼方からの呼び声にハッと上を見上げると、ざくざく歩くうちにずいぶんと下のほうまで
来てしまったようです。
あわてて引き返しながら、またここを見に来る可能性はどれくらいあるのかな、などと
ちょっと覚めた気持ちになり、見納めのつもりで一度振り返りました。


土地との出会いは、一期一会。2度見に来る土地はそうそうありません。
どんなにお人よしでも「悪くないよね」の土地でぽんと手を打ってしまえるほど能天気ではないし、
やっぱり頭のすみっこにはいつも、前回ダメになった秦野の素晴らしい土地の幻影があるので
このくらいじゃまだまだ納得できねえぜっ・・・と思ってしまいます。


それにね、よく考えると、有料道路からアクセスするってことは、車じゃないと来られないということかしら。
あれれ?そのへんどうなんだろう。

大股で駆け上っていくと、ママ抱っこーとびえびえ泣いているぽちんが待っていました。
「ママがいいの〜。ママがいいの〜」と言いながらぺちゃんとわたしにくっつくぽちんに、
一生懸命抱っこしていた夫は「パパがいるよーって言ったんだけどなー」と憮然としています。


そんなばたばたを遠くで見ていたTさんは、タイミングをみて
「お疲れ様でしたー。じゃ、次の土地にまいりましょうか。」と、にこっと笑って言いました。
あれ?この土地の解説はないのかな?
「はい、よろしいですか」
何の余韻もなく、次の場所の案内図を渡して、さくっと自分の車に乗ってしまうTさん。


・・・ずいぶんあっさりしてるなあ!!
こんな不思議な土地だから、何かセールストークがあるかと思ったんですが、なーんもない。
Tさんは、いろいろ喋ることで土地の好感度を上げようとはしないタイプってことでしょう。
いやあ、まったく、人間というのは勝手な生き物でございまして、
セールストークはビンビン警戒するくせに、(あるいは「さあ!騙されんぞ!」と身構えているからこそ、)
なあんにも売り文句がないとちょっぴり寂しくなったりして。
とはいえ、にこにこしていて飾り気のないTさんの雰囲気に、妙な勘繰りも必要なく安心したことも確かです。


まあとにかく時間もないし、次だ次に行こう、とわたしたちもあわてて車に乗り込みました。
シートベルトをしながら夫は、
「こういう土地を売るってことは、オレらみたいな変わり者が他にも多少いて
たまにとんでもなく辺鄙な土地を買うんだろうな。」
とつぶやきました。
・・・たーしかに!

« 第36話|惚れっぽい妻じゃ、ダメ? | トップ | 第38話|ベリーワイルドな土地 »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ