第35話|エントランスは有料道路にあり?!

Tさんの車にハザードランプがつき、減速して、はじっこに寄りました。
わたしたちも「ここ?」と戸惑いつつも、トラブルがあった車のように路肩にとめて、おずおずと外に出ました。
他に車がいないとはいっても、一応有料道路のどまんなかです。
そこで目にしたものは
『売り地』
という看板。Tさんのおっしゃる通りの場所に、その土地は存在していました。

木はないけれど、鬱蒼とした茂みが続く斜面です。あまりに茂みが深くて、様子がよくわかりません。
「ここ、降りて行くんですけど」ととてもフツウなかんじで案内してくれるTさん。ちなみに彼は背広姿。
どう見ても下に降りる道は存在しないし、余計なお世話だけどこんなとこ降りたら絶対、
Tさんのズボンは次の日クリーニング出さなきゃならないよ。いいのかな。
ぽちんをかかえ、にいにと手をつなぎ、ぼーっと突っ立っているわたしを尻目に夫は下りる気マンマン。
方位磁石を手に、「これは南斜面ですねえ。下の方に平地はあるんですか」なんて言っています。


「下は平地ですよ。2段になっていて、下の方に行くとけっこう静かで気持ちがいいです」
男衆がぞろぞろと茂みの中を通って下りていくのを見ながら、まあいいや。待ってよーっと。と
案ずるのをやめて子供たちと草をむしって座っていました。


天気が良くて、本当に気持ちがいい日です。
にいにとぽちんは、有料道路の道ばたでだんご虫をひろいはじめました。
帽子の中に集めて、ころころ転がして、だんご虫が玉になるのを見てとってもうれしそうです。
何にも悩みがなくて、大人の行く先行く先で無邪気に遊ぶ子供たちの姿をみていると
どこの土地に落ち着いたとしても、こうやって仲いい家族だったらそれでいいじゃない。なんて
諦観にも似た気持ちが沸き上がってきました。(わたしの心模様もコロコロ変わるもんだな。)
ついでに、もうひとりくらい子供生もうかな・・・その方が楽しいかな・・・なんてうらうらと考え始めたとき、
「おーい、こんどは俺が子供たちを見てるから、おまえも一度下に下りてみたら?」と夫の声。
「あまりに草ぼうぼうで、よく様子が分からないけど、とりあえず平地らしきものはあった。日当たりもいいよ。」


声のトーンでは彼がこの土地を気に入ったのかはわかりませんでしたが、じゃあわたしも一度は見てみよう
と、ぽちんを彼に預けました。

« 第34話|わたしたち、どうなっちゃうんだろう | トップ | 第36話|惚れっぽい妻じゃ、ダメ? »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ