第23話|苦手ながらも見事、値引き成立

不動産屋の友人からは、こんな助言がありました。以下。


・その土地に執着するな。執着していることが分かると、足下をみられて高値をふっかけられる。
・値下げ交渉は、「折り合わなければ、べつに買わなくてもいいんだぜ」という位、強気で迫れ。
・これでぎりぎりだろう、と思ったところで、さらにぼん!とたたく。最低価格を向こうが告げてくるまで。
・100万稼ぐ苦労を考えれば、100万値切る労を惜しむな。


そういうのが異様に苦手なのに、値引き交渉の実務担当はわたし。これがしんどかった。

23.jpg
この土地に、何度足を運んだことか・・・
早朝ドライブのたびにドライブスルーで朝マック。
にいにとパパはかならずチョコシェイクをオーダー。

「主人はああ言ってますが、うちは土地買うのは難しいくらいお金ないんですよ、本当に。
ああ、もう、こんなに予算割れしてしまったら、生きてゆけない・・・おねがいします・・・」
と、泣き言を言ってみたり(あながちウソでもない)、
「こんなに条件が悪いのに、いくらなんでもこの値段は、厳しいでしょ?!だって土地を買ってからも、これこれこんなに整備にお金がかかるんですよ。ありえないでしょう。そんなんじゃ誰もこの土地買いませんよ。」
とコワ目に責めてみたり。(女がこういうこと言うとヒステリックに聞こえるから、すごく嫌なんだけど。)


はあ。どっと疲れます。Kさんとこういう電話をした後の疲労感や苦々しさは、いまでもはっきり覚えています。タイトな交渉ほど楽しい、くらいのキャパのあるヒトもいるでしょうに。わたしはまるでダメ。言い過ぎて買えなくなったらどうしよう!とか、とんでもないケチ野郎と思われたに違いない、と変に気をもんでしまって。


交渉電話の報告をしながら愚痴をいうわたしに「だからおまえは、お嬢様なんだよ。」と夫はあきれていましたが何といわれようと、わたしは交渉ごとはとっても苦手なのです。お金がなくてもしたくない。そんな苦労をするくらいなら「はいはい、じゃあその額でよろしくおねがいします」と話をまとめる方をとってしまう。


でもやっぱり、それじゃあだめですよね・・・家政を担う身としては。けっこう頑張ってはいるんですが。


おっと。話がわき道にそれました。で、どうなったかというと、頑張った甲斐あって、がんばってかなりイイ線までおべんきょうしてもらえたのです。そこでさらに、友人の助言通り「いやいや、これはガレージを壊す代金も含め、じゃないと厳しいです。」とダメもとの交渉をし、内心では(もう、この次の電話で「それは無理」といわれたら手を打とう。)と思っていたら、次の日こんな電話がかかってきたんです。


その内容は次回。

« 第22話|買う人にとって価値あるかどうか | トップ | 第24話|突然の電話に呆然とする »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ