第7話|セカンドハウス?

「ねえ、どう思った?今のとこ。」
「スペック的には問題ないけど・・・イメージわかないよな。」


わたしも、ぜんぜんイメージがわきませんでした。ビニルハウスのことばっかり考えてましたが、いざ実際に「色気ゼロ」の土地に遭遇すると、あれ?こんなところが欲しかったンだっけ?と立ち止まってしまったんです。

07-1.jpg
関係ないけど、これは砂漠の写真です。写っているのは、1歳のときの息子です。
未踏の地への植物探訪が、わたしたちの家族旅行。うん、悪くない。
・・・でも、リゾートにも行きたいな♪

夫が植え替えをしている隣で子供たちが走り回り、遊んだり手伝ったりしている情景は
周囲の環境があってこそ成立するわけで、いっくら近場でビニルハウス建てられるってったって、駐車場のウラじゃねえだろ。ということに、愚かにも、その時初めて気づきました。


「それにさあ、ここに植物のお世話しにくるんなら、わたしも子供も待ってる時の居場所がないし・・・週末ひとりで通ってくれるの?」
と彼にぼそっと聞くと、
「おまえ冷たいなあ!家族なんだから一緒に来てよ。」と言われ、もうひとつハッとしました。


野天で何時間も待ってるなんて、絶対に無理。そのへんで時間つぶすっていっても、毎週末なんてしんどすぎる。冬は車の中で暖とるのか?夏はカンカン照りだぞ。しかも、おしっこはどうするんだ?うんちはノグソ?


ありえないっしょーっ!


夫への愛情うんぬんではなく、金魚のフンには金魚のフンなりの居心地が必要なのです。


そうか、遠くにビニルハウスを建ててそこについて行くなら、ヒトの休む小屋みたいなものが必要だ。お水が出て屋根があって、雨宿りや避寒避暑になるところ。


わたしは彼の野良仕事をちょろっと手伝ったりしながら、麦茶いれたり、本読んだり、お昼食べたりして。


ん?お昼ごはん?やっぱ台所あったほうがいいなあ。こどもたちとお素麺つくったりして。お風呂も?そりゃあったほうが断然いいわ。泥落として疲れも落として帰りたいもん。


帰る?帰らなきゃだめ?帰らなくていいほうが、楽だぞ?。ゆっくり晩ご飯たべてから、花火やったりしちゃって、おコタとか入ってみかんたべて(季節感ぐちゃぐちゃ)、4人でさあ、お布団並べてさあ、おやすみって寝るの・・・幸せそう。


これってでも・・・いわゆる別荘?週末に暮らすところなんだから、セカンドハウスってこと?

« 第6話|そうだ、遠くに借りよう | トップ | 第8話|妄想ふくらむ »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ