第6話|そうだ、遠くに借りよう

「第3京浜でアクセスできるところだったら、世話しに行けるんじゃない?」


思い返せば、わたしたちが今に至る「土地探し」を始めるきっかけとなったのは、この時でした。近場が無理なら、ちょっと遠くても車で行けるところに土地を借りて、ビニルハウスを建てよう。と、思い至ったのです。でもこのときはまだ、「ビニルハウスを建てる分だけの土地を借りよう。」としか思っていませんでした。


06-2.jpg
かつて母は、庭全体を美しい花で埋め尽くしていました。
今では・・・この鉢だけ。

まずは身内から攻めるべし。ということになり、知り合いで第3京浜沿いに土地を持っているヒトを探し始めました。すると、唐突に一人、みつかったのです。


「実家が多摩川のむこうに土地を持っているので、よかったら空き地を見てみます?」と言ってくれた奇特なヒトが。夫の母の知り合いの女性です。(ちなみに、夫の母とは同居していて、彼女はいわゆるガーデニングが趣味。「庭中にあの子の妙なとげとげの植物がのさばってるから、わたしが花を植える場所がないのよ」といつも憤慨しているので、植物の引っ越しには非常に協力的なのです。)


やった!それじゃ早速行ってみましょう、と足取りも軽く車に乗り込み、勇んで向かった先は都筑のインターから車で15分くらいの、のんびりとした郊外。こんなにうちからすぐのところにも、のどかな場所があったのね?、と感激しました。土地を紹介してくれた彼女の家で四方山話をしたあとすぐ、件の土地を見せてもらうことに。


「ここです。」案内された場所は・・・話には聞いていましたが、本当に、駐車場。

06-1.jpg
ここを紹介されました。・・・ご厚意のみ、いただきます。


10台くらい車がとまっているうしろに、だいたい40坪くらいの、空き地がありました。土間コンが打ってあり、左右は資材置場。周囲に高い建物はなく、日当たり良好、広さも充分、水道も使わせてもらえる、というすばらしい条件を目の前にしているにもかかわらず・・・1ミリも心の躍らないわたしたち。


「ありがとうございます。検討させていただきます」と丁寧にお礼を言って、退散しました。

« 第5話|難民の移住先がない | トップ | 第7話|セカンドハウス? »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ