第11話|不動産屋さん乱獲作戦

「ねえ、大雄山線の沿線ってどうかな。」
「でもそれって、車で2時間半とかかかるよ、きっと」
希望の持てる物件にまるでお目にかかれないという惨事に屈し、検索するエリアを拡大していったわたしたち。妥協できる範囲で、検索条件をゆるめていきました。


・第3京浜か東名高速を使ってアクセスする場所ならよしとする。
・とりあえず金額がべらぼうでなければチェックしておく(値引き交渉すればいいや。と)。
・上下水、都市ガスとか、そういうものはあとで考えればいっか。などなど。

11.jpg
日中の物件探しは、気分が鬱にならないよう充分に陽のあたる場所でいたしましょう。
野菜ジュースのみながらね。

すると、神奈川の僻地(いい意味で田舎ということ)には、それなりに魅力的な物件があることが判明!!(といっても、ひとつのサイトに1物件程度ですが。宅地じゃない、田畑や雑種地物件ですね)


また、カテゴリーとして「仲介土地」を検索しても出てこない物件が、「一戸建て 中古」というジャンルから発掘されたりして(いわゆる古家アリの広い土地)なるほどーと妙に感心したり。


そうやって、ちょっとずつ検索上手になっていきました。われながら、健気。


このあたりで、もうひとまわり成長したわたしたちは「ウェブ上にのっていない出物」を探そうという方針をうち立てました。つまり、なんとなく、地場の地主とつながりがありそうな不動産屋さんを(物件のラインナップから)かぎわけ直接連絡をし、まだ出回っていない情報を回してもらおう。という戦略です。ある程度まともな(もちろん「わたしたちにとって」まともな)物件があったら「詳細お知らせ下さい」と問い合わせフォームに記入し、さらにこんな文章をくっつけて、送るのです。


「セカンドハウスを建てる土地を探しています。家庭菜園に適していて、平坦地500坪以上、日当たり眺望がよい閑静な高台の土地が望ましいです。第3京浜あるいは東名高速をつかって1時間半以内で行ける場所がありましたらお知らせ下さい。現地を拝見します。」


これが結構、功を奏して、翌日には何通ものメールが届きました。いろんな物件の添付ファイルつきで。そこでまた、それぞれの不動産屋さんの得意がわかるわけ。つまり「500坪以上」と希望しておいても、「駅近、病院にも近い優良物件です。120坪」とふつうよりちょっと広い宅地を紹介されたり、「600坪 900万円 調整区域」という、建物の建てられない激安物件もあったり。あるいは「1000坪 1980万円 道路づけがなく、敷地の過半は北斜面、有効面積45坪ですが」というのものあり、なーんでオススメしてくるのだろう?と素朴に疑問に思うこともままありました。


それでも、中でキラリと光る物件が、あったのです。この物件との出会いで、わたしたちの土地探しの一つ目の山場を迎えました。

« 第10話|物件が少ないのはなぜ? | トップ | 第12話|夢への階段? »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ