第5話|難民の移住先がない

「うちからすぐ行けるところに、ビニールハウスが建てられる土地、借りられないかなあ」世田谷にある我が家のまわりには「生産緑地」がけっこうたくさんあり、ひょっとしたらひとつくらい貸してもらえるんじゃあ・・・という甘い考えも、当初はありました。

05-1.jpg
生産緑地や建築前の敷地を見ると、
これだけ広ければ何千鉢も置ける・・・と必ずぼやく夫。

でも、案ずるより生むが「難し」。


畑を耕しているおじさんを見つけると、かたっぱしから、「すみませーん、あいてる土地ってありますぅ?」なんて期待をこめて聞いてみても、「うちは無理だなあ。遊んでる土地?どっかにあるかもしれないけど、、、しらないねえ」「あそこはねえ、ちょっと前までヒトに貸してたけど、駐車場にしちゃったもんなあ」「むこうんちのじいちゃんは、貸したいっていってたけど、こないだ死んじゃったからねえ。」などと、暗い情報をもらうばかり。なぐさめにキュウリをもたされたりするのが関の山でした。


生産緑地って、都心ではやたらとのどかな空き地みたいに見えるから、「そこ、使っていいよ。どうせあいてるし。賃料?いらないいらない。使ってないんだから」なーんて誰かが言ってくれるかもよとアホな期待をしましたが、よく考えるまでもなく、そんな虫のいい話はない。あるわけがない。地価の高い東京で、他人の土地をひょいと借りようなんて、発想そのものがゴミでした。

05-2.jpg
屋根が平らな家を見ると、オレにこの屋上をくれ・・・
とつぶやく夫。

« 第4話|温室難民、続出 | トップ | 第6話|そうだ、遠くに借りよう »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ