第4話|温室難民、続出

毎年毎年、植物の数は増え(浮気できないから植物に没頭するんだ、と彼はほざく)すでにある植物達は、すくすく成長はしても「場所とってごめんね」と謙虚に縮んだりはしないので植物を置くスペースが指数関数的に増えていき、やがて置く場所がなくなるのは、自明の理。

04-1.jpg
温室内部です。不気味な膜は、遮光用です。右手道幅は25㎝くらい。
まともに歩くと左右にある植物の棘にひっかかるのでカニ歩き必須。

結婚前に2棟あった温室がいっぱいになると、当たり前のように3棟目をたて、それが一瞬でいっぱいになると、もう既成の温室をたてる場所がなくなりました。

04-2.jpg
庭です。かつては、ここでヒトがひなたぼっこをしていましたが、
今は植物置き場。もはや家から庭に出ることは不可能。


庭の上部、2階レベルに巨大なフレーム(木製の、背の低い温室。高さが1mくらい)を作ってそれでも足りなくなってミニビニールハウスを庭のデッキの上にたてて(デッキに人間の居場所はなくなった)そこでもう、温室を増設する場所は尽き、さらに家の窓際はすべて占拠され、あとは家の屋根を陸屋根に改造して、その上を使うくらいしか手の打ちようがなくなりました。


「木造って陸屋根でも大丈夫かなあ」なんて言いながら、友達の建築家に見積りまでしてもらったのですが、もちろん、結構バッカみたいな額が動くわけ。
「ねえ、もう植物を増やさないっていうのは、選択の中にないの?」とおずおず聞いてみると「植物欲は禁欲できない。それは、俺に死ねってことだっ。」などと叫ばれ、まさに手詰まり。


浮気されてもやだしなあ、植物育てること自体は悪い事じゃないしなあ、子供の教育にもいいし、だからといって、田舎に引っ越すわけにも、いかないよねえ。仕事あるし・・・・


と、立ち止まって悶々と考えている間にも、植物たちは待ってはくれずじわじわじわじわ成長していて、今年の春植え替えたら、みんなひとまわり大きな鉢になって、絶対的にどこにも置く場所がなくなる、雨ざらしにしても家の奥に入れてあげても、環境が合わなくて死んでしまうんだーーーー!と死者多数が予測される事態に陥り、どんどんどんどん追いつめられていきました。

04-3.jpg
それでも種をまき続ける、狂った夫。これ以上、どこに置くんじゃ!!

« 第3話|休日もおシゴトです | トップ | 第5話|難民の移住先がない »

このブログについて

平日は多忙なサラリーマン、だが休みとなると植物栽培マニアと化す夫。膨大な数の珍植物が自宅からあふれ置き場所に困り果てた挙げ句、夫婦の選ぶ道は「田舎で地主になる!」。植物と人間にとって理想の土地を探し求めることに決して妥協しない彼らの「とんでもない紆余曲折」を、赤裸々に綴ったブログ。

第1話から読む »

著者プロフィール

profile.jpg
Miori
子供や夫や動物を育てるのが趣味。カフェの窓際でのんびり読書する時間と、家でのんびり造顔マッサージする時間が持てれば幸せ。と、ささやかに都心のインドア生活を楽しんできた主婦が、突如「田舎の土地をゲット」するために髪を振り乱して奔走しはじめる。結婚相手によって、人生が激変することを実感中・・・

アーカイブ